引越しトラック 前面道路 幅

引越しトラックと前面道路の幅

引越しトラック 道幅

 

引越しトラックは小さいものから大きいものまで、さまざまなサイズのものがあります。
大きいトラックであればどんなものも入るので便利そうですが、大きいほうがガソリン代などの経費もかかります。

 

それに大きいトラックは細い道路を通ることができないので、物件によっては使用できない場合も。
物件の前面道路とトラックの大きさの関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

トラックが通れないような環境での引越しの場合は、少し離れた場所に停めて台車を使って作業するか、小さなトラックを2台用意するか往復することになります。

 

いずれにしても経費がかかることなので、早めに引越し業者に相談しておきましょう。