引越し 仮住まい

引越しと仮住まい

仮住まい 引越し

 

家のリフォーム、建て替えで一時的に仮住まいに引越ししなければならないことがあります。
2回の引越し費用は痛手ですから、少しでもいい方法を考えましょう。

 

まず、不用品は思い切って処分してください。できるだけ荷物を減らしましょう。

 

なぜなら一軒家分の家財すべてを仮住まいに持って行くとなると、かなり広い物件を探す必要があります。
広い賃貸物件は家賃が高くなります。

 

家賃が高いと敷金や礼金なども高くなってしまうので、これは不経済です。

 

しばらくレンタル倉庫を借りてあまり使わない家財を保管しておくという方法もあります。

 

しかしレンタル倉庫を借りるには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料などいろいろな費用がかかります。

 

 

おすすめの方法が引越し業者の一時預かりサービスの利用です。

 

実は引越し業者は家財を一時的に預かるサービスを有料オプションとして行っています。
もちろん保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などの費用はかかりますが、レンタル倉庫を借りるより手間は少ないです。

 

ただしこれはどこのエリアで行われているサービスではありませんから、必要な方は引越し業者に早めにお問い合わせください。